FANDOM


MariaSweepingThis article could be cleaned up to make it easier to read.

Resident S Fisher Wife

MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_01 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> おや、<_____MYNAME_____>じゃないカ! 今日は本当に天気がイイねエ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_02 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> これから他の里を回って、 お客にたのまれてる食材を 調達しに行くところなんダヨ。 <PAGE> <FACE_LAUGH>そうだ、アンタもどうだイ? 用があるならイイんだけどサ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_03 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> うれしいネエ! じゃあ、さっそくいっしょに行こうカ。 <PAGE> まずはつゆくさの里からだヨ。 ついておいデ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_04 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> だけどねエ、目的の場所だけってのは おもしろくないダロウ? <PAGE> <_____MYNAME_____>は どこか行きたい場所はないのかイ?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_05 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> オ! なんだイ! イイ場所があるんダネ! イイヨ、まずはソコから行こうかイ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_06 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> 着いた着いた、ここだヨ。 <PAGE> つゆくさの里でとれる山菜は、 うちの常連さんに人気があってネ。 <PAGE> さ、始めようカ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_07 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> あ、<_____MYNAME_____>。 チョット待ちナ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_08 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> 今日はたくさん山菜を とるつもりなんだヨ。 <PAGE> アタシらニ人じゃ 時間がかかっちまうカラ、 助けを借りようと思うんダ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_09 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> どうしたんダイ? ヘンな顔してるケド…。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_10 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> ああ、あの子たちかイ? 昔、悪い男たちが遊び半分で この辺の動物をいじめててネエ… <PAGE> <FACE_ANGRY> それがあまりにヒドイもんだったから、 アタシの手で、ちょ〜っとキツ目に こらしめてやったんだヨ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>それ以来、アタシがたのむと こうして手伝いをしてくれるのサ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_11 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> イヤ〜、山菜が たくさんとれて良かったヨ。 <PAGE> あの子たちが がんばってくれたおかげダネ。 ホントに、頼りになる子たちだヨ。 <PAGE> <FACE_NORMAL>さてと、<_____MYNAME_____>。 次はココで 食材を手に入れるからネ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_12 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> 今度は、野草じゃなくて 別のものが目的なんダ。 <PAGE> 探す手間がかからないカラ、 作業が楽だヨ。 ホラ、あれを見てごらン。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_13 <FACE_FISHERWIFE> このガケの上にあるトリの巣に たまごをもらいに行くのサ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_14 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> 決まってるじゃないカ。 ココを登るんだヨ。 それ以外に方法がないからネ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_15 <FACE_FISHERWIFE> オーイ! <_____MYNAME_____>!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_16 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> そんなに心配しなくても アタシは平気だヨ! <PAGE> <FACE_NORMAL> 昔はきたえてたからネ。 チョットおとろえてきたけど、 コレくらいは朝めし前だヨ! <PAGE> あ、でもアンタは マネしちゃダメだヨ? <PAGE> 島と島の間を泳いだり、 ガケの上を走ったりしたことなんて ないだろウ?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_17 <FACE_RESTAURANTWIFE> あら、そこにいるのは カリラさんと<_____MYNAME_____>?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_18 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> キャリー! アンタこそ こんなところでどうしたんだイ?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_19 <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_NORMAL> そうそう! ちょうど近くを歩いていたら ドンって大きな音が聞こえてきたの。 <PAGE> なにかあったのかしらと思って こっちに来てみたんだけど、 どうかしたの?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_20 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> アッハハハハ! ちょっと<_____MYNAME_____>と 遊んでただけだヨ! <PAGE> そんなことより、 イイところにきたネ、キャリー。 たのまれてたワシのたまごだヨ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_21 <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_LAUGH> まぁ! すごく早かったわね。 さすがはカリラさんだわ! ありがとう♪ <PAGE> <FACE_NORMAL>でも、いつも思うんだけど、 ワシのたまごなんてどこで 手に入るの?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_22 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> そ、そんなに遠くには行ってないヨ! 意外と近場でも手に入るからネ。 <PAGE> <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_NORMAL>へぇ、そうなのね。 今度あたしも探しちゃおうかしら。 <PAGE> <FACE_LAUGH>でも、本当にありがとうね。 これでやっと新作料理に チャレンジできるわ! <PAGE> 次の新作はね、このワシのように 大空に飛んでっちゃう! そんな料理にする予定なの! <PAGE> <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> <WINDOW_SWEAT_R>…………。 <PAGE> そうかい、そうかイ。 そりゃあ楽しみだねエ! <PAGE> <FACE_SAD>…だんなサンがどっかに 飛んでっちゃわないか心配だネ…。 <PAGE> <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_NORMAL><WINDOW_DEFAULT>え? カリラさんなにか言った?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_23 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> それじゃあ行ってくるヨ。 アンタはココで 見張っててくれないかイ? <PAGE> <FACE_SAD>前に、この町のヤツに見つかって えらくおこられたコトがあるんだヨ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_24 <FACE_FISHERWIFE> 今からもどるから、 危なかったらさけておくれヨ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_25 <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_LAUGH> やっぱりそうだわ! 2人って仲がよかったのね♪ <PAGE> それにしても、 こんなところでなにしてたの?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_26 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> いや! アタシはなにも言ってないヨ! 鳥でも鳴いてたんじゃないかイ? <PAGE> ホラ、キャリー。 アンタそろそろ帰った方が イイんじゃないかイ?


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_27 <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_NORMAL> あら、本当! ブラッドのお手伝いしなきゃ。 わたしもう行くわね。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_28 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> どうしてさっきのコト、 キャリーに言わなかったのかっテ? <PAGE> キャリーはおしゃべりだからねエ。 アイツにしゃべったら、 町じゅうに広がっちまうヨ。 <PAGE> 穴場も教えたくないし、 なにより子どもにマネされちゃ こまるからネ! <PAGE> <_____MYNAME_____>も言うんじゃないヨ。 もしココを登ってみたいなら アタシが直々に教えてやるからサ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_29 ザハゥもシャルクも カリラにさからえないと言っていた 理由が、少しだけわかった気がした。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_30 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> アンタたち、悪いけど 山菜をとってきておくレ。 さ、たのんだヨ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_31 <FACE_RESTAURANTWIFE><POS_LEFT><FACE_LAUGH> <_____MYNAME_____>もまた今度 あたしの料理を食べに来てね。 <PAGE> フフフ…♪ 楽しみにしてるわ。


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_32 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_NORMAL> おーい、出ておいデ!


MES_RESIDENT_S_FISHERWIFE_33 <FACE_FISHERWIFE><POS_RIGHT><FACE_LAUGH> それじゃあ、アタシたちも 山菜をとるとしようカ。 <PAGE> アタシの山菜とりのうでまえ、 バッチリ見せてあげるヨ!

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.