FANDOM


This is from the original Japanese website, here. This is a fan translation by me.


Reminiscence

Performances:
Ramsey ・  Hayden  ・ Cain  ・ Dale
pict

◇Hermonica Bar


With the street light's illuminating Harmonica Town,
voices of people enjoying themselves can be heard emiting from Harmonica Bar.


Dale: "That was a nice wedding, huh?"

Ramsey: "そうじゃな"

Cain: "Around now they're probably under the south skies.
     ……あれ、今日はKathyの姿が見えないな?"


Thinking of ordering another cup, Cain looked around while asking his master [[Hayden (AP)|Hayden] a question.
Kathy wasn't running around as a waitress as she always was.


Hayden: "今日は若いの同士で集まってるようだ。そもそも今日は店を開ける予定じゃなかったから
Selenaも休みだしな"

Dale: "そういえば無理を言って開けて貰ったんだったな、すまん"

Hayden: "まぁ、たまにはこんなオヤジだけのbarも悪くない"

Cain: "しかしweddingがあったせいか妙に感傷的になっちまうよなぁ。
     もう、俺たちの子供世代が結婚するような年になっちまったんだってな"

Ramsey: "子供が大きくなるのは早いもんじゃ"

Cain: "ついこの前、天地参りに行ったような気がするんだけどな"

Dale: "天地参りか、なつかしいな"

Ramsey: "なつかしいのぅ。あの頃はあんなに大きくなるとは思わなんだぞ"


みなそれぞれ昔を思い巡り空間を見つめた。
何か思い出したのかCainがプッと吹き出すと、一同何事かと注目する。


Cain: "確かルークはえらい騒ぎだったよな!"

Dale: "ああ、大はしゃぎで町中かけまわって、しまいにゃ階段から転がり落ちて
     足くじいて写真撮る前にクリニック寄ったんだ。
     帰りは俺が背負って帰ったんだよな"


額を押さえ、大きなため息をつくDale


'Cain: "もう子供を背負ったりできねぇんだよなぁ"

'Dale: "そうだな…"

Ramsey: "Reneeちゃんは軽いから出来るじゃろ。Owenは無理だが…"

Cain: "なに言ってんだよ、じーさん。年頃の娘に
     おんぶしようかなんて言ったら怒られちまうぜ"

Ramsey: "む、それもそうじゃな。…そうか、Chloeも大きくなったら
     もうおぶったりできないのか…"

Dale: "今のうちにいっぱいしとくといいぜ"

Cain: "ははは、その為にも足腰を鍛えておかないとな"

Ramsey: "何を言う、わしはまだまだ達者じゃわい"


親父たちの大きな笑い声がbar中に響く。


Cain: "Master、Kathyちゃんは結婚まだなのかい?"

Hayden: "ああ、相手はいるみたいだけどな"


Haydenはカチャカチャと食器を洗いながらゆっくりと話す。


Hayden: "俺が一人になったら寂しいだろうとか、……まだ、恩返ししてないとか
      そんなことを言いやがる"

Cain: "恩なんて、もう産まれた時に返して貰ってるよなぁ"

Dale: "まったくだ"

Hayden: "俺もそう答えた"


一人一人思いに耽るようにしばし黙り込んだ。
過ぎ去った日々は遠く、数多の思い出は色褪せる事がないとは言え少しずつ確実に薄くなっていく。
それは悲しくもあり、嬉しくもあることなのだと複雑な思いが胸を満たす。

グラスの氷が溶けてカランと高い音を響かせた。


Cain: "おい、しんみりしてきただろ。おかわりくれよ、Master!"

Dale: "俺にもくれ"

Ramsey: "わしにも頼むぞ"

Hayden: "ああ、同じのでいいか"


店の閉店時間はとうに過ぎていたが、Hermonica Barの灯りはついたままだった。
それぞれの思い出話は尽きることなく語り続けられた。



END



Performing:
アンジェ ・ ヒース ・ ロイ ・ ルーシィ

pict
◇水の洞窟の入り口

childrenが集まっている.
薄暗い洞窟の中,あたりを見回して不安そうな顔,興奮する顔,さまざまである.

ヒース 「えーと,忘れ物ないかな?行くよ!」
アンジェ「はい,よろしくお願いします」
ルーシィ「アタイ,すっごいの見つけるからネ♪」
ロイ 「落ちついて歩けよな,ルーシィは.亀裂いっぱいあるんだからな」

childrenは元気に洞窟の階段を降りていく.

ロイ 「でもさ,よくアンジェのパパゆるしてくれたね.洞窟行くなんていったら怒りそうじゃん」

ロイがハンマーで水晶を壊しながら問いかける.

アンジェ「…うーんと,実はヒミツなのです」
ヒース 「来週,アンジェのパパとママの結婚記念日なんだって!
     だからビックリプレゼントをしようってわけなんだよね♪」

うしろめたそうに答えるアンジェにヒースが助け船を出す.

アンジェ「ええ,ママの好きなアクアマリンとパパの好きなサファイアで
     お揃いのブローチを作ってもらおうと思って…」
ルーシィ「へぇ〜カッコイ〜!じゃあ,青い玉を見つけたらいいんだネ♪」
ロイ 「よし,みんながんばろうぜ!」
アンジェ「ありがとう,みんな」

石を割っては鉱石や玉を拾い集めるchildren.
少し疲れてきたのか,大きなため息が漏れる.

ロイ 「なかなか,集まらないなぁ…」
ルーシィ「見て見て水晶がすごい集まってる!アタイの必殺技で一気にこわしちゃうヨ!」

水晶が固まっている場所に向かいルーシィがハンマーを振り下ろすべく気合いをためている.

ヒース 「ルーシィ,まっ!!」

ルーシィを止めるヒース.
間に合わず,振り下ろされたハンマーは水晶を砕き
あたりは噴出した様々なガスによって視界が遮られる.

アンジェ「きゃあっ!」
ヒース 「アンジェあぶないっ!動かないで!」

暗闇ガスが広がり,あたりはどんどん暗くなっていく.
暫く沈黙が続き,ようやくガスが治まったところでみな無事を確認しあう.

ロイ 「おい,大丈夫か?」
ルーシィ「アンジェ〜ごめんネ?だいじょうぶ?」
アンジェ「うん,大丈夫.…ほら,青い玉が2つも出てるわ.ルーシィちゃん,ありがとう」

ルーシィの割った水晶の中から出てきた青い玉を指さしアンジェがにっこりと微笑む.


ヒース 「そろそろ帰った方がいいかもね.鑑定して貰わなくちゃ」
ロイ 「おれたちがやっておくから,アンジェはもう帰ったら?心配してるかも」
アンジェ「…ううん,自分で依頼したいし…鑑定するところ,見てみたいわ」
ヒース 「よし,じゃあトロッコ乗って鉱山区へ行こう!」
ルーシィ「アタイ,一番前〜!」
ヒース 「ずるいぞ,ルーシィ!来るときも一番前だったじゃん!」
ロイ 「ケンカするなよ」

◇鉱山区

到着したchildren,アクセサリー店の方を見ながらこそこそと隠れている.

ヒース 「ところでさ,アクセサリー店にはアンジェのパパがいるんだよね」
アンジェ「どうしましょう…」
ロイ 「おれとルーシィで外に連れ出すから,そのスキに行ってこいよ」
ルーシィ「よっしゃー!まかせて!」

ガッツポーズのルーシィとロイ,アクセサリー店へ向かう.
Juliusが外へ出るのを見て,アンジェとヒースはstore interiorへ入る.


◇アクセサリーコトstore interior

ミオリ 「いらっしゃいませ.あら,かわいいお客さまね,今日は何のご用ですか?」
アンジェ「あ,あのこれ…かんていをおねがいします.…これ,お金です」

青い玉と鑑定代をカウンターの上に置くアンジェ.

ミオリ 「青い玉が7つね.かしこまりました」

アンジェ,祈るように両手を握り固く目を瞑る.

ミオリ 「ガラス玉が3つ,ラピスラズリが2つ…」

アンジェの肩が小さく震える.
ヒースはアンジェの様子を見まもっている.

ミオリ 「アクアマリンが1つに………,サファイアが1つね」

ミオリの言葉に目を開き瞳を輝かせるアンジェ.

ヒース 「やったー!」

嬉しそうにはしゃぐヒースとアンジェ.

ミオリ 「それで,こちらはどう致しますか?」
アンジェ「あの,あの,アクアマリンのブローチと
     サファイアのブローチをおそろいのデザインでおねがいします」
ミオリ 「かしこまりました.明後日までには出来ると思いますわ.プレゼント用ですか?」
アンジェ「はい,ribbonはピンクとブルーでおねがいします」

嬉しそうに依頼し,アンジェとヒースは店を出て行く.


しばらくの後,Juliusがstore interiorにしかめ面で帰ってくる.

Julius 「んもう,なんだったのよ,あの子たちったら.無意味に引きずり回されたワ!」
ミオリ 「うふふ」
Julius 「アラ,なぁに?ミオリさんたら,なんか嬉しそうネ.」
ミオリ 「ええ,ちょっとね.暫く工房にこもるから入ってこないでね.店番をお願いします」
Julius 「なぁに〜? ……あら,ちょっと!」

ケースの中をのぞき込んだJulius,首を傾げる.

Julius 「昨日,入荷したサファイアが見あたらないんだけど?」
ミオリ 「ごめんなさいね,売っちゃったわ」
Julius 「ええっひっどぉ〜い!アタシが買い取りたいって言ったのにぃあんまりダワ☆」
ミオリ 「うふふ」
Julius 「なんなのぉ〜その含み笑い,気になるワネ」

唇を尖らせるJulius.
ミオリはsmileを残して工房室へと姿を消していく.

END






暖炉


僕が7歳のときに,母上が亡くなった.

春の光が降り注ぐ丘で花々に囲まれて眠る母は,いつか見たHarvest Goddessのように美しく,
父上は静かにそのそばに歩み寄ると,僕を抱きしめてこう言った.

Gillよ…わたしは,…わたしのすべてを失ってしまったのだよ.」

僕はただただ泣きたくて,大声で泣いた.
僕は弱い子供だった.父上もまた,母上という支えを失った今,ひどく頼りなく見えた.

 生前の母は,子供の僕から見ても美しい女性で,病弱な体のせいだろうか,
控えめで優しい雰囲気の人だった.母はいつもリビングの暖炉のそばで編み物をしていて,
僕はそれをそばで見ているのが好きだった.
父が仕事から帰ると,暖炉で温めたstewをみんなで囲む,とても幸せな家族だった.



母上が亡くなってからの父上は,とても可哀相だった.
たくさんの町の人が心配して尋ねて来たが,父上は部屋に閉じこもって会おうとせず,
毎日母上の写真を見て過ごしていた.
僕はその頃,何でも覚えた.料理も洗濯も町の掃除も,何でもやった.
抜け殻のような父を見て,僕が母の代わりをしなければ家族がダメになってしまうと思った.

母上の得意料理だった「ラタトゥユ」を作ってみた.
これなら父上も元気を出してくれるだろうと考えたのだ.
でも,どうしても母上のと同じ味にならない….僕は母上に会いたくて,一人で泣いた.

その頃から,暖炉を使うことはなくなっていた.



僕は,父上にも強い父でいてほしかった.
僕は父上を誰よりも尊敬していた.いつも町のみんなのために働き,母上のために花を摘み,
僕の頭を撫でて,口癖のようにこう言うのだ.

「人のためになることをしなさい.人に優しくなりなさい.」

でも,母上が亡くなって父上は変わってしまった.
人のためを思うどころか,僕を見てくれようともしない.
別人のように情けない父に僕は憤りすら感じ始めていた.

だから僕は,ある日決心した.父上がいつも大事に眺めている母上の結婚指輪を,
暖炉の奥に隠してしまおうと.
思い出の品がなくなってしまえば忘れてしまうだろう.
きっと立ち直ってくれるに違いないと考えた.



僕が計画を実行してすぐ,父上が血相を変えて僕の部屋に飛び込んできた.

「わたしの…あれを知らないかね!?大事なものなのだよ!見当たらないのだ!」

僕はびっくりした.なぜなら,久しぶりに見た父の顔は,目は血走り頬はこけ,
とても僕の知っている父上ではなかったから.
父上はそれから,よろよろとリビングに向かい,ひざをついた.

「わたしは…妻を守れなかった.そんなわたしが町を守れるものか.
妻がいなければ…わたし1人ではとても….」

僕は,父のつらさを初めてちゃんと見た気がした.
僕は,今までつらそうな父に声をかけただろうか.話をしただろうか…….
自然に言葉が出た.

「父上,僕がいます.父上は独りではないです.」

父上は,振り向かすにかすかにつぶやいた.

「何を言う….」

父上は考え込むようにしてしばらく黙り込み,それから少し落ち着いた様子で
リビングを見回し,そこにあるひとつひとつをなぞるようにそっと触った.

3人おそろいのマグカップ…,母上の愛用していたstewの鍋…,
母が編んだ,父上と僕の色違いのニット….

「そうか.そうだな.妻は,わたしたちがこれから生きていくために
たくさんのものを遺してくれた.
お前とわたしで,しっかり生きていかなければならないな….」

「この暖炉はお前の母の大切な思い出が詰まっている.
いつか心の傷が癒えたらまた,灯をともそう.」

僕は父にしがみついて泣いた.今度はうれしくて泣いた.僕たちはがんばれる.
季節はまた,春を迎えようとしていた.



あれから10年.僕たち家族は冬の準備に追われていた.

「父上,ここにある古い本は捨ててしまってもいいですか?」

僕が書斎を覗くと,父は古いアルバムを眺めていた.

Gillよ,そろそろ暖炉の掃除をしようかと思うのだよ….
むかーし,暖炉の奥に伝説の書物をしまったこともあってね.
あれも取り出さなければいかん.」

「書物…ですか.」

僕はふと,隠した指輪の事を思い出した.

「この間,この町に引っ越してきた新米牧場主くん,お前も知っているだろう?」
あの子にその書物をあげようかと思ってね.」

父は楽しそうだった.もうだいじょうぶだろう.
ようやく新しい灯をともす決意ができたのだ.



父上が暖炉の掃除を始めてまもなく,この家に訪問者が現れる.
父の助けてくれという声でリビングへ行くと,なんと父が暖炉に挟まっているのを
あの新米牧場主が引っこ抜いたところだった.

父は,暖炉の奥から出してきた書物をあの牧場主に差し出している.
父上の顔はもう立派な町長の顔だった,
あのとき…,父上が例の指輪を見つけたかどうかは,僕はとうとう聞かなかった.

今年の冬からは,うちの暖炉にも暖かい灯がともる.



END




A Forest of Bewilderment


Performing:
DakotaMattVivianVan

pict

◇Fugue Forest

Inside the dim forest, a group of children walk looking around and looking worried.


Matt 「…Didn't we just pass this way?」
Vivian「It feels that way.」
Van 「It seems we're lost.」
Dakota 「…Ooh, I'm so hungry...」
VivianDakota, you originally said you wanted to go to Fugue Forest.」
Dakota 「Because, you said there was a super delicious phantom mushroom…」
Matt 「Sorry, I heard a rumour that it was deep in the forest…」
Van 「This isn't the time to place blame.」
Vivian「You're right. I'm sorry.」
Dakota 「Um, I know! Let's all eat some chocolate! That'll cheer everyone up!」


The children, tired from walking, sat down to share the chocolate.


Van 「Let's calmly go over the situation. Why did the marks we left disappear?」
Dakota 「My and Matt's bread crumbs were eaten by little birds…right?」
Matt 「That was a mistake…」
Van 「I left some sparkly pebbles that I had polished but they're also missing.」
Vivian「I specifically tied a ribbon to a tree branch. It's missing too though…」


With an anxious air wafting about, everyone faltered.


Matt 「……Do you think the witch got rid of them so we'd get lost?」
Van 「The witch is just a rumour adults made up to teach kids.」
Vivian「That just makes me want to prove that they're not real.」
Van 「But this certainly isn't a normal forest. Look, this magnet can't settle on a direction.」
Dakota 「Yeah, it's so full of trees you can hardly see the sky.」


When everyone looked up at the sky, a bird could be heard loudly flapping its wings.
Seeing a human figure coming out of the bushes, the surprised children flee.


Dakota 「Aaah!」
Matt 「Waah!」
Vivian「Eeek!」


Matt 「T-That was scary...」
Dakota 「The witch! It's the witch! She was really there!」
Vivian「N-No she wasn't! You were just imagining things because you were scared…」
Van 「Should we go back and make sure?」
Vivian「…No, it's fine. That aside, we should find the path out of this forest.」


Dakota began running, like she had noticed something.
She closed her eyes and began smelling the air around her.


Dakota 「…I smell cake!」
Matt 「Huh? You do?」
VivianDakota, you're just imagining things because you're hungry…」
Dakota 「No, I'm positive! This way!」
VanDakota, don't run!」


The children run after Dakota who was pursuing her belief.
They see a figure of a person waving its hand.


Dakota 「Oh, it's Mr. Wizard!」
Wizard「…Is everyone safe? Thank goodness.…The adults are all worried.」
Matt 「…Sorry」
Wizard「……That seems like enough scolding for tonight... Let me see… Here, a snack…for you.」
Dakota 「Wow, it's cake! Thanks!」
Vivian「…Ugh, returning home is depressing.」


With a gloomy expression, Vivian let out a sigh.
The Wizard went to see the children off out of the forest.
Van looks over his shoulder at the forest.


Van 「I wonder if that really was a witch…」


With the sun sinking in the sky, the people left behind a peaceful Fugue Forest.


In the completely dark forest, the witch softly approached the Wizard.


Wizard「……You could have given it to them yourself.」
Witch「If they thought it was from me, they would have run away!」
Wizard「……Because you were gathering their marks」
Witch「They were leaving behind cool stuff… And it didn't know that they were leaving it as marks! Besides, I gave them a cake to apology… Ugh, I'm going home!」


After hiding a somewhat lonely face, while yelling angrily she left the situation.


Wizard「…Jeez」


The Wizard's small murmur and faint smile were swallowed up in the forest.
Realizing that bringing a close to the messy disturbances of the witch was becoming his duty, his sigh was tingled with a smile.


END



奇跡


もう何年前になるか覚えてないくらい昔の話よ.
大陸の北の,さむーい地方を通りがかったときにアイツと出会ったの.

そのあたりは,岩肌の多い荒野で街なんてひとっつも見つからない.
日は暮れてくるし,砂交じりの風が目に入るし,ま…迷子だし!
もぅ気分はサイアク!早くお風呂にはいりたーい!!

そう思ってホウキを飛ばしていると,急にガツン!と何かにぶつかって
バランスを崩して地面に落ちたの.
「いったぁ〜い.なによもう.」

そうしたら,同じように地面に転がっているあいつが目の前にいたワケ.
「んもう!前見て飛びなさいよ!
あとね,もし食べ物とか持ってるならさっさとこのWitchによこしなさい.」

アタシはまくし立てたわ.見るからに弱そうな半人前のWizard.
でも,アタシの魔力…もとい魅力があれば,何でも手に入っちゃうんだから☆

そのWizardは,ぶつけた頭をさすると,表情を変えずに淡々と言葉を返してきた.
「おなか…すいてるの? 来たら…いい.すぐそこ….」
丘の向こうには小さな村っぽい集落があって,テントみたいなモノがいくつも並んでた.



半人前のWizardは,ランプの灯を揺らしながら温かいスープを渡してくれたわ.
アタシの大好物のdeadly poison mushroomがたくさん入ってたの.やるわね☆

半人前はhumanのじじいと住んでいたわ.humanにしてはずいぶん歳で,足をわずらって歩けない.
「俺の…お師匠様.魔法教えてくれる…もとは占い師.」

アタシ呆れちゃったわ.何よ,humanのペットってわけ?
第一そんなヨボヨボなhumanが魔法なんて教えられるわけ無いじゃない.
眉をしかめた瞬間,テントに突然男が怒鳴り込んできた.

「おい!よそ者を連れ込んだそうじゃないか!キサマ,明日には出て行けよ!」
男はそれだけ言うと,アタシをひと睨みしてすぐに出て行った.
「んまぁーずいぶんな物言いね,このWitchに向かって!」
アタシはちょっとムカッとしたわけ.なんなのよレディに向かって!
「…すまない.この村のhuman,…よそ者キライ.タタリがあるとか….
…俺も,きらわれてる.」

ふん,humanってココロ狭いのよね〜だからイヤなのよ☆
続けて半人前は深刻そうにつぶやいた.
「さいきん…このへんもテューティの被害…すごいから.」

テューティ?なにそれ.
半人前は,村のことやテューティのことを,ゆっくり話し始めた.

テューティっていうのは,雪山に住むサルのようなクマのような生き物で,
村の家畜や作物を襲う動物だとか.凶暴ねぇ.ジョーダンじゃないわ.
明日にはこんなとこサヨナラしてやるんだから!
老婆が泊まって行きなさいって言うから,その日はここで眠ることにしたの.
その夜は,遠くで何かの遠吠えがやたら聞こえていた気がするのよね….



the next morning,陽の光に誘われてテントから這い出すとギョッとしたわ.
目の前に白くて小さい毛だらけの何かがうずくまっていたんだもの!

「…テューティだ.ケガ…してる.」
うしろから半人前が言った. ゲッ!凶暴なんでしょコイツ!

その時,村の奥の広場の方からhumanのオトナたちの荒々しい声がした.
「どこ行きやがった!米を根こそぎやられたぞ!」
「うちの家畜もだ!!探し出せ!」
半人前のヤツ,とっさにその"白い毛玉"を抱えてテントに戻ったの.

「どういうつもりよ!そいつ!家畜荒らしなんでしょ!?」
あたしは怒鳴った.食われるのはごめんだもの.

半人前は何度も首を振った.
「テューティは…ちがう.humanの真似するのがスキ.
それに…この子まだ子供だし…荒らしたのはちがう…ヤツ.」

コイツが言うには,テューティにはhumanの村の様子を見て真似をする習性があるらしいの.
それで夜に村に下りてきては,
脱穀の真似をしたり,家畜をさばく真似をしたりしちゃうわけね.
結果的には,テューティに悪意は無くても,humanが困ってるってこと.



とにかく,それからは大変だったわ.なぜかこのWitchが巻き込まれる羽目になって
"白い毛玉"のケガが完全に治るまで面倒見ることになったのよ.めんどくさいわね〜.
ただでさえ,村のhumansがテューティ狩りを始めたもんだから,
かくすのがとーっても大変だったのよ!

師匠のじじいはいつも,半人前にもあたしにも"白い毛玉"にも,こう言っていたの.
「魔法っていうのは,奇跡のちからだよ.だれにでも優しい気持ちでいれば
幸せな奇跡が起きるからね.」
…ふーん,それが魔法って言いたいの?魔法はそんなちっぽけなモンじゃないわ.
あたしはいつも,ナットクできない気持ちでいっぱいだったわ.
でも…そうね,親ってこんな感じかしらとか,ちょっとうらやましいかもって
少しは思ってたのよね☆



事件が起きたのは10日後の真夜中だったわ.

「大変だ!…えーと…! 起きて…!大変!!」
半人前の声で目が覚めると,お師匠様が苦しそうにしていたの.
「だれかが…毒を….…お師匠様に.」
えーウッソー!なんてことすんのよ!

そのとき,村の広場からもhumanのわめき声が聞こえたの.
もう訳も分からず,あたし達は村の広場まで駆けつけた.
そこには,たくさんの村人に囲まれて震えていたる"白い毛玉"がいたわ.
村人たちは,オノだとかクワだとか,ぶっそうなもんを持って息巻いてる感じだった.
あーあ,ついに見つかっちゃったのね.
あらら……その手に持っている毒mushroomは何かしら.

「もう無理ね.やっぱりhumanに危害を加えるバケモノだったのよ」
ってあたしは冷ややかに言うしかなかったわ.見るからにゼッタイゼツメイってやつだし.
それでチラッと半人前を見たら,見たこと無いくらい険しい顔をしてるわけよ.

「あいつ…俺の料理をマネして…作ったんだ.お師匠様の病気…治そうとして
…し,知らずに毒mushroomを….」

……あらぁ,そうだったの.毛玉も優しいとこあるじゃない.humanにはdeadly poisonだけどね.
…でも,やめなさいよ.
あんたが今,魔法でhumanを傷つけたって,あんたのお師匠様は喜ばないわ.
アタシが何とかしてあげるから感謝しなさい!



それから先は,アレよ.
あたしも,ひさしぶりに魔法なんか使っちゃってhumansを追い払ったのはいいけど
結局,そろってバケモノ扱い.村から追い出されちゃったのよネ.

お師匠様は,毒のせいで眠りっぱなしになってしまったの.
こんなことになるなら,ナットクできないこと,ぜーんぶ言っとけばよかったわ.
…なによ!毛玉のやつが優しい気持ちであんたに料理を作っても,奇跡は起きなかったわ!
アタシたちが毛玉を助けようとしても,奇跡なんか起こらなかったわよ!!
ウソつきよね.これだからhumanは….

お師匠様のことはhumansが面倒を見ることになったけど,
アタシたちにはどうしようもなかった.
旅立つ前の晩,半人前は眠っているお師匠様の手を握って話しをしていたようだったわ.
「必ずもどって来ます.俺があなたを助けます.
優しい気持ちで人に接していたら,きっとあなたを救えるWizardになれますね.」



こうしてアタシは,半人前のWizardと"白い毛玉"と一緒に,
また旅を続けることになったの.
長〜い間南へ旅をして,やっとこのHarmonica Townに戻ってきたって訳ネ.
アイツも最初はhumanになじめなかったけど,
今では占いとか引き受けちゃったりしてちょっと楽しそうなのよ.
ま,アイツが寂しい思いをしていないなら,あたしとしては満足ってとこかしら☆



じゃ,またネ☆


END






The Spring in the Early Afternoon


Performing:
Harvest GoddessHarvest God ・ Harvest sprites



Goddess Spring

A tranquil early afternoon.
The Goddess was, like always, standing infront of the spring.
Suddenly, a dazzling light engulfed the area.


Goddess 「My. To see you here is quite rare.」

God 「I just thought it'd be nice to have a change of scenery.」


The God looked around and asked why the harvest sprites weren't there.


Goddess 「They left early this morning saying they were going on a picnic.」

God 「Hm. …Do you feel better?」

Goddess 「Yes, completely… Thanks to the help of you, Finn, and, above all, that kid.」


The Goddess kindly smiled,感謝の気持ちをそこに居ない皆にも向ける.


God 「Hmph, from the beginning you've relied on me indirectly.」


With a gloomy look on his face, the God folded his arms.


Goddess 「Because you never really liked the human world.」

God 「It's not a matter of liking or disliking it; I just have no interest in it. Rather you're too concerned with it.
    自然がどうかなってもそれは全て奴らの自業自得というものであろう」

Goddess 「…………」

God 「災害がきたといっては大騒ぎして喚き,Godを罵倒する.disputeにenthusiasmで
    他人を欺くことを何とも思わぬようなくだらぬhumanの為に泣いたり心を痛めたり,見てるこちらが腹立たしいわ」

Goddess 「…………」

God 「…Are you mad?」

Goddess 「No, それくらいのことで怒ったりしません」


Goddessはそう言いながらもツンと顔を背けたまま答える.


God 「ではなぜ顔を背ける.こちらを向け」

Goddess 「嫌です」

God 「youはいつでもhumanの味方なのだな.全く…だから」

Goddess 「……?」

God 「It's nothing.さてうるさいのが来ないうちに帰るとするか」

Goddess 「人は…愚かな行いをすることもあります.失敗したり挫けたり争ったりすることもあります.
    …けれど,間違いに気付き,やり直して目の前の困難を必ず乗り越える力を
    持っています.彼らの力は私たちGodなどよりよほど力があると思う時があります.
    そんな彼らを愛しく思うのは別に恥ずかしい事ではありません」

God 「Are you scolding/preaching to me?」

Goddess 「ただのgossip/chatですわ.Godの座にもいろんなhumansが訪れるようになって
    youも退屈せずにいると見えますけれど」

God 「Hmph」


顔をしかめたままGodが姿を消すと,Goddessはゆっくりと瞳を閉じた.
遠くからざわめきと共にHarvest spritesが帰ってくる.
小さな手にはmushroomや木の実,花などがあった.


AlanHarvest Goddess〜♪ We're home! We got you a present〜!」

Ben 「picnicに行ったところでたくさん見つけたのです」

Collin 「Look,これHarvest Goddessが好きな花やろ♪」

エッジ 「Harvest Goddess,さみしくなかった〜?」

Goddess 「ええ,みんなのおみやげ話を楽しみにしていましたよ」

ダ ナ 「I'm going to make stew with this mushroom tonight〜♪」

Goddess 「それは楽しみですね.
    …………そうだわ,
    Godにもおすそわけしてはどうかしら?」

AlanGodのとこ? 行っても怒られないかな?」

Goddess 「ええ,きっと喜びますよ.うふふ」


出来上がったmushroomのstewを持って出かけるHarvest spriteをGoddessは優しく見送る.
それから,ひだまりの心地よさに再びそっと瞳を閉じた.



END



Pirate


My name is Pascal!
I'm a navigational officer who's sailing the worlds seas! …'s son!!

Daddy's so cool! This huge ship, harmonica号のcaptainで,
Best in the worldのnavigation officerなんだ.部下だっていっぱいいて,おれたちはこの船で暮らしてる.
まあ,おれもいずれ父ちゃんのあとを継いで,すげえnavigation officerになるんだけどな.

それから,となりで一緒に釣りをしているのは幼なじみで親友のルイ.
めちゃくちゃ頭がよくてこいつもnavigation officerを目指してる.
こいつは赤んぼの頃,おれの父ちゃんに拾われたんだ.この船はそんなやつばっかりだけどな.
今日もいい潮風が吹いて,絶好の海釣り日和だ!

そんなことを考えていると,ふいにおれの両腕がぐいっと引っ張られて体勢を崩した.
「お,おいPascal!手を放すなよ!」
「うわ…うわわわわ!釣りざおごと持ってかれるぞ!ルイなんとかしろ!」
うわーーーーーーー!!!大ピンチだぜ!海に引きずりこまれる……っ!
そのとき,宙に浮いたおれたちの体は力強く船に引き戻された.

おれたちが顔を上げると,怪訝そうな父ちゃんの顔が間近にあった.
「えーっと…君たち.なにを遊んでるのかな.甲板の掃除は終わったのかい?
サボってると,サメのご飯にしちゃうからね?」

父ちゃん!!いつもクールでかっこいいなあ.
父ちゃんは,いつでも冷静な判断と行動力で船のみんなを守るのが仕事なんだぜ!

「おう,Pascal,ルイ!また怒られたのか!?おめえらもこりねえなあ.
captainもいつ船を沈められるかと気が気じゃねえぜ!!!あっはっは.」
この船の父ちゃんの部下たちは,みーんないい人だ.おれたちをほんとのsonみたいに
かわいがってくれる.おれはスッゲー幸せだ!!



「ルイ,今日も持って来たのかい?」
「はい,captain!今日のは難しいですよ!?」
「ははは,楽しみだ.」
今日もおれたち3人恒例のナゾナゾごっこが始まる.
ルイはナゾナゾを作るのがシュミなんだ.父ちゃんはそれを解くのがシュミ.
でも父ちゃんのほうがすごいから,いつもすぐに解かれちゃう.

『あかときいろとあおの,さんかくのまんなか
けむりのでるひかりのさすところ』

「どう?父ちゃん,何を指してるか,わかる?」
「ふむ…なるほど…….わかったぞ」
「えっ!?もう,ですか?」
「あかとあおのさんかくは,甲板の旗の色.
きいろは,食料庫の南の窓から入る,午後3時の陽の光の形.
これの真ん中とは,第一デッキの先端だがここには何もない…なぜか.
実はここには,午後3時になるとシェフのニコラさんが一服しに来るんだ.
ニコラさんは胸元にいつも日時計をつけているが,ここに陽が当たって光が反射するんだ…
つまりこのナゾが指す場所は……,このわたしの部屋の中だ!」

す,すげええ!おれたちはいつもどおりの完敗だ.やられた.
「ははは,もっと賢くなりなさい.世界はナゾと冒険にあふれているんだ.
まだまだわたしを超えるのは難しいようだね?」
ちっきしょう.いつかゼッタイ超えてやる!カッコイイ男になってやる!



そんな船暮らしのおれたちも,たまには港町に停舶して荷おろしや食料の仕入れをする.
あるとき,西の大きな港町の酒場でこんなうわさを聞いた.

10年くらい前まで,このあたりは西と南の街同士の争いが耐えなくて,市民はみんな
困っていたそうだ.ところがあるとき,海からpirateと名乗る集団が津波のような
大船団でやってきて,その争いを見事に仲裁したそうだ.
そのpirateたちは市民を危険にさらすことなく,悪いヤツだけこらしめて帰った.

酒場の酔っ払いの話は,いつもは適当に聞くんだけど,
今回ばかりはおれもルイも目を輝かせて聞き入った.
pirateってカッコイイ!おれたちの目標はこれだ!!伝説のpirateに会いに行くんだ!!!

その日からおれたちはpirateに夢中になった.
伝説だってみんな言うけど,ゼッタイどこかにいると思う!おれたちはpirateに会うんだ!!
弟子になって世界一のカッコイイpirateになって,父ちゃんを超えるんだ!



それから何日かたって,harmonica号は,突然たくさんの大きな船にかこまれた.
南の港街の船団だった.captainらしきあごヒゲの男がおれたちの船に渡ってきた.
たくさんの南の街の人たちも次々と乗り込んできて,緊迫した空気が流れた.

「やあ諸君.わたしはこのあたりの海をしきっている,南の港街の市長だ.
君たちの船が危ない目に合わない様に巡回しているというわけだ.」

父ちゃんが真ん中であごヒゲを睨んでいる.
何が巡回だ.こうやってyouらが貨物船から金とか巻き上げてることは知ってんだぞ!

「おかえりいただこう.これはわたしの船だ.あなたに守っていただかなくても結構だ」
そうだそうだ!父ちゃんもっと言ってやれ!

「…そうはいかないのだよ.この船が,西の街の御曹司を乗せていると
聞いてね.…さあ,さらった子供を返してもらおうか.」

そう言ってあごヒゲはニヤリと薄笑いを浮かべると,なんとルイに手を差し伸べた.
ルイは唖然としていた.誰も声が出なかった.父ちゃん以外は.

「さらってはいない.あなた方の争いに巻き込まれて置き去りにされたのだ.
…この子を使って,西の街も手に入れる気かな?」

あごヒゲの表情が一変した.
「命令が聞けないのなら,全員捕らえてもよいのだぞ.人さらいとしてな.」

…きっ,きったねえええええ!!父ちゃん!ピンチだぜ!!おれは思わずこぶしを握った.
その時,あごヒゲの部下の1人が声を張り上げた.

「市長殿!自分,この男を知っているであります!
こいつは伝説のpirateJohnnyと呼ばれる男です.間違いありません!!」

…え?だれが?

シーンと静まり返った中で,父ちゃんが大きくひとつため息をついた.
「pirate業はやめたんです.大事なsonたちの教育に悪いのでね.
しかし,お帰りいただけないというのなら話は別です.」

父ちゃんはポケットから出したbandanaを頭に巻いた.
harmonica号の大人たちもみんな巻いた.
ええーーーーーーーーっ!うそだろ!?
父ちゃんがあの,伝説のpirate!? みんなも!?……す…げええええ!!!!
…でもそのbandanaは…ダセぇぞ父ちゃん!!

「サメのご飯にしちゃいますよ?」
父ちゃんがすごみをきかせると,やつらは船へ逃げ帰っていった.
でもあごヒゲはすっごく怒っていて,この船を港に入れなくするぞと怒鳴っていた.
父ちゃんは「心配はいらないからね」と言うと
おれの頭をゴシゴシなでて,父ちゃんのbandanaを巻いてくれた.

それから,父ちゃんはあごヒゲの船に連れて行かれてしまった.

なんでかわからなくて,引き上げていく船団に向かっておれは父ちゃんって呼び続けた.
ニコラさんが泣きながら「captainは取引したのよ.」と言っていた.
なんだよそれ.なんで父ちゃんが連れて行かれちゃうんだ….

でも父ちゃんが,このharmonica号を守ったんだってことはわかった.
ルイもおれも子供で,このときはまだなんにも知らなかったんだ.



それから5年後,おれたちの船は父ちゃんと母ちゃんが出会った街,
Harmonica Townを訪れた.
おれはここで,父ちゃんの帰りを待つことにした.
船旅の途中で,父ちゃんを南の方で見かけたっていうウワサを聞いたんだ.
きっと父ちゃんはココへ帰ってくる!
harmonica号のcaptainはルイが継ぎ,交易の旅を続けることになった.
あいつなら立派に父ちゃんの船を守ってくれるだろう.



………おや?
わしは…どうやら昔の夢を見ていたようだな.まだ夜明け前ではないか.

ふむ…そうだった…わしとルイはあのあと,町のあちこちに宝物を埋めたのだ.
いつか父親が戻ってきてくれるようにと願い,とびきり難しいナゾナゾを添えて,
父親から譲り受けたbandanaも一緒に入れた.
伝説のpirateJohnnyなら,きっと戻ってきてくれると信じてな.

…そうして40年がたった.
このオオトリ島の夜明けも何度見たことか.
む?…浜辺に人がおるな.なんと,わしらの宝にたどり着いた若者がおるようじゃ.
…そうか,過去の旅路はこれで終わったのだな.
これからは,未来ある若者たちに夢と冒険を託すことにしようかの.



END






7.旅立ちの日


Performing:
Older SisterYounger Brother

pict

◇Clarinet地区

まだ日の出前の薄暗い明け方の牧場.
二階の子供部屋では姉と弟がいつもなら寝ている時間であるのに
既に起きていたのか寝ていないのか,話し声がしている.


Younger Brother 「おねえちゃん,やっぱりぼくが行くよぅ」

Older Sister 「それって,けっきょく二人いっしょにはいられないってことだよ?」

Younger Brother 「じゃあ,いっしょに行く! ふたりで行こうよ,おねえちゃん」

Older Sister 「ふたりで家を出ちゃったら,お父さんとお母さんさみしがっちゃうよ」

Younger Brother 「だってだって,おねえちゃんに会えなくなるのイヤだ! さみしいもん」

Older Sister 「お父さんやお母さんに会えなくなるのだって,さみしいでしょ?」

Younger Brother 「うっうっ,ひっく…やだぁ,おねえちゃんいっちゃやだぁ」


泣き出した弟をなぐさめようと姉はその手をひいて夜明けの牧場に出た.
ひんやりとした朝の空気に姉は一瞬ぶるっと身震いをする.
弟は姉の手をぎゅっと握りしめ離すもんかという顔つきをしている.

二人は並んでhenhouseへと入って行った.
ニワトリやアヒルたちは体を丸くして眠っているようだった.


Older Sister 「みんなまだ寝てるね.あとでタマゴいっしょに取りに来ようね」

Younger Brother 「うん」


henhouseから出てきた二人はまだ淡い色の芽が出たばかりの畑へと歩いて行く.
その小さな芽を見ながら姉は弟に語りかける.


Older Sister 「ねぇ,ここにお母さんが一人でやってきた話し聞いた事ある?」

Younger Brother 「ううん,おかあさん一人で来たの? おとうさんは?」

Older Sister 「お父さんとはここに来て出会ったの.
   最初はお母さん一人で全部やっていたんだって」

Younger Brother 「おかあさん,すごいね!」

Older Sister 「うん,お母さんすごい.
   だからね,お姉ちゃんもお母さんみたいになりたいんだよ.
   知らない土地で知らない人に会って,いろんなことやってみたいの」

Younger Brother 「…Godのめいれいじゃなくても?」

Older Sister 「うん,そうだよ」

Younger Brother 「ひっく」

Older Sister 「ね,聞いて」

Younger Brother 「…ひっく,なぁに?」

Older Sister 「アナタにはね,お母さんのお手伝いしたり
   お父さんを起こしに行ったりしてほしいんだ.できるかな?」

Younger Brother 「できるよ! ぼく毎日おねえちゃんの見てたもん.
   あとで…ダバゴ,ひどりでどりにくるよぉ」


弟はくしゃくしゃの泣き顔で答えた.
姉もつられて泣きそうになったのか無理に笑おうとして変な顔になってしまい
ひきつった顔のまま笑うとそれを見た弟も笑った.


◇ガルモーニ鉱山地区へ向かう道

Goddessの泉に向かって歩く姉弟はもう泣いていなかった.
Older SisterFinnの虹はいつでもかけられるんだって.雨の日だってかけられちゃう.
   だから,いつだってすぐに会いに来れるよ.アナタの誕生日もお母さんの
   誕生日もお父さんの誕生日も飛んでくるからね♪」

Younger Brother 「うん,ぼくまってるから.それから会いに行くから.にじをわたって.
   いろんなお話をおみやげにもってくから.おねえちゃん,げんきでね!」


見送りに来た人が笑顔で姉に声をかけていく.
両親も静かに微笑んで姉を見送った.


Older Sister 「それじゃ,行ってきまーす!」


見送り来た人達へ姉は元気良く手を振った.
そうして力強い足取りで歩き出す.
空にかかる虹を渡っていく姉に向かって弟は手を振った.

姉の姿が見えなくなるまで

いつまでも,いつまでも.

 

END





真心


「Grandma! あたしに料理を教えて!
お願い.今度のcooking contestで優勝したいの!」

I'm the cook, Yolanda. 二日前,granddaughterのMayaに頼まれて料理を教え始めたけど,
contestの優勝なんて,とうてい無理な話さね,
もう長いことOcarina亭のhead chefをしてるけど,
あんたほど不器用な子は見たことないからね.

ただ,本人にはそんなこと言っても聞きやしない.
レシピ通りには作れないし,ボーッとしてすぐに料理をこがしちまう.
毎日毎日,真っ黒なケシズミを私に食べさせて,年寄りを殺す気かい.
まったく,困った子だねえ.



Mayaに料理を教え始めて1週間.まったく進歩の無いgranddaughterのいたらなさを,
Shellyさんとのお茶会でこぼしていたときだったかね.
Shellyさんは私の話を一通り聞き終わった後,にっこり笑ってこう言ったんだよ.

「人それぞれに似合う場所や,それぞれの歩く速さがあるんでしょう.
Mayaちゃんもステキな子だと思うわよ.まっすぐで,元気で,あたたかい空気を持っていて,
まるで…晴れの日のお日様のよう….」

そうかしら.あの子は料理ひとつできない子よ.そう思いながら家に帰ると,
宿屋のカフェでMayaReneeちゃんが話していたの.

「…やっぱりMayaもそう思う?」

「そうよRenee!絶対だいじょうぶだって!
ほら,これあげる!がんばれるおまじない!これを食べるとね,
勇気がたーくさんわいてきて,告白なんてカンタンなんだから♪」

Mayaはそう言ってReneeちゃんにクッキーを渡すと,Reneeちゃんは「がんばってみるわ」
と言って帰って行ったわ.
Mayaは,Shellyさんの言うとおりかもしれないわねえ.友達はたくさんいるのよ.
あの子はよく友達に手作りのpancakeを渡すの.
私にもくれたことがあるわね.
たしか…あの子が初めて作った料理とか言って,それをくれたのよね.
そういえばあの子,pancakeだけはちゃんと作れるねえ.どうしてかしら.
はぁ….それにしても,いくらpancakeが作れてもね,
contestで優勝できる腕前じゃないんだよ.
あの子が料理で勝負するなんて,向いてないと思うんだけどねえ.



Mayaに料理を教え始めて10日がたち,contestまでは1週間を切っていた頃,
弟子のChaseが私たちの様子をみていて,相談をしてきたの.

「僕が教えますよ.これ以上,Yolandaさんの手をわずらわせても時間の無駄です.
あいつには,無理だってわからせてやればいいんですよ.」

私だってね,できればgranddaughterに料理がちゃんとできる子になってほしいよ.
だけどね,才能がないこともあるのさ.
あの時の私はちょっと疲れていたのかもしれなくてね.
けっきょく,Chaseにまかせてみることにしたんだよ.

それから数日後,厨房の二人の様子を覗くと,Mayaの大声が聞こえてきたんだ.
Chaseの言うとおりに作ったのに〜.Chaseのバカーーー!!!」

あら,またケンカをしてしまったようだね.
Chaseも人づきあいがうまいほうじゃないからね.

「僕はこんな風に作れなんて言ってないぞ!?
だいたい君,料理苦手なくせに,なんでcontestに出るとか言うの.」

「ぅわあああああ〜ん.優勝したら,す…好きな人に食べてもらうんだもん!
告白するんだもん!」

おやまあ…そんなたいそうな理由があったなんて.
Chaseも黙り込んでしまったね.態度は冷たいけど,あれは困っている顔だよ.

「…ふん,Maya…君さ,pancake初めて作った時,思い出しなよ.」

Mayaは泣きやんで,Chaseの話に耳をかたむけた.

Yolandaさんが落ち込んでるのを励まそうとして作ったって,Maya,言ってただろ?
だれのために作るのか,その人のことを考えながら作ってみなよ.」

Chase….」

「勘違いしないでよね.僕は誰かのためになんて料理は作れない.
けど,君は作れるだろ?そういう料理がさ.
食べて元気になってほしい人がいるから作るんだろ?」

あらあら,Chaseらしくもないセリフ.本人も柄にもないこと言っちゃって真っ赤だよ.
年寄りはこのへんで退散しようかね.
いつのまにか,私の弟子も頼もしくなったようだねえ.



cooking contestの日.優勝はやっぱりMayaではなくてChaseだったの.
私はMayaの料理も,Chaseの料理も審査したけれど,実力の差は歴然.
でもね,Mayaのオムライスは,きれいなお日様のような卵が乗っていて,
素朴なあったかい味がしたの.きっと,誰かのためにとてもていねいに作ったのね.

Mayaは特訓のかいもなく,今でもとても料理が下手だけれども,
それでもいいのかもしれないわ.大事なことをひとつ覚えたと思うの.
いいえ,Chaseがあの子にちゃんと気づかせてくれたのね.
私は,優しくてかわいいgranddaughterと,頼もしい弟子に恵まれて,とっても幸せな気分なの.
そうね,今日もShellyさんとお茶でもしようかねえ.


END




The Merchant


◇A large, unfamiliar town


On a street corner, a young boy looked around restlessly while walking around.
Taking everything in, his eyes were shining with a new curiosity

Taylor 「What a huge town! There must be a lot of different goods here.」

general storeらしき看板を見つけてyoung boyは店に入っていった.
shopkeeperの親父が威勢良く声を掛ける.

shopkeeper 「らっしゃい! ぼうず,おつかいかい? えらいな」

Taylor 「ぼうずじゃないし,おつかいでもないぞ!おいら痩せた土地でも育つような丈夫な種を探してんだ.何かいい物無いかな?」

young boyはstore interiorをenthusiasmに見回し,背伸びして棚を覗いたりと真剣な様子だった.

shopkeeper 「痩せた土地か,それならtomatoやpotatoがいいんじゃないか?」

Taylor 「tomatoやpotato? じゃあ,それを買えるだけ買っていこうかな」

shopkeeper 「…そう言えば前に同じように痩せた土地でも育つ物を探しに娘さんが来たっけな」

shopkeeperはfolding one's armsをしながら思い出したように話す.
その言葉にyoung boyは驚いたようにshopkeeperの方を見た.

Taylor 「えっ! それって髪が長くて美人の?」

shopkeeper 「ああ,左目の下にホクロがあるべっぴんさんだったよ.知り合いか?」

Taylor 「うん,おいらのねーちゃんだよ♪ 痩せた土地でも育つ種を探しに出たんだ」

姉が元気にしていたことを知りyoung boyは嬉しそうに笑った.
おっとりとして大人しそうな娘とワンパク小僧なyoung boyが姉弟だったことにshopkeeperは少し驚いたが,そのときの様子を思い出しながら話を続けた.


shopkeeper 「なるほど.しかし,あいにくそんときは種を切らしてたんでな,ひとつ先の街まで行くって言ってたな」

Taylor 「ふーん,いつも種がそろってるわけじゃないのか〜」

shopkeeper 「まぁな,種を仕入れに行ってもいい値段で買えなかったりするからな.
     そう言うときは仕入れを見送ったりするのさ」

Taylor 「え〜,無いとお客さんが困るじゃないか〜」

shopkeeper 「そんなこと言ってもなぁ,仕入れ値が高くなると売値も当然高くなる.
     それで買って貰えなくなると種がムダになっちまうからなぁ」


shopkeeperの話を聞いてyoung boyは腕を組み考え込んだ.


Taylor 「…そうか安く売るだけじゃ商売にならないのか」

shopkeeper 「なんだぼうず.種を売る為に買うのかい?そしたら市場に行かねーとな.安く買わなきゃ利益が出ないだろ」


shopkeeperは大きな声で笑いながら語る.
young boyは少し馬鹿にされたような気がしたが真剣な顔で考え込んだ.


Taylor 「うーん,安く仕入れて安く売りたいけど,それじゃ儲けが出ないし,
     かといって値段を高くしたらお客さんが不満だろうし…
     お客さんが喜んでくれないとなぁ…」

shopkeeper 「なんだ,ずいぶん若いのにいろいろ考えているんだな,ぼうず」

Taylor 「だからぼうずじゃないって言ってるだろ! おいらはTaylorってんだ」

shopkeeper 「そうか,Taylor.そうだな,仕入れ値を安く,儲けを大きくしたいなら
     いいideaがあるぞ.無料で出来るサービスをつけるんだ」

Taylor 「無料で出来るサービス?」


shopkeeperが提案するideaにyoung boyは興味津々の顔でカウンターに体を乗り出した.


shopkeeper 「ああ,電話で注文受けてな,それをお客の家まで届けるのさ.買い物にくる
     手間が省けるから多少値段が割高になっても客は納得してくれると思うぞ」

Taylor 「…宅配サービスかぁ.すげぇ! それだっ!
     そんないいidea貰っちゃっていいの? おっちゃん!」


young boyは拳を握りしめて嬉しそうに叫ぶ.


shopkeeper 「ははは,たいしたideaじゃねぇよ.俺も若い頃はそうやって走り回って
     いたけどな,この年じゃもうキツイから引退しちまった.ま,とにかく世の中
     商売やってくhumanはな,体力とそれから知恵も必要ってこった」

Taylor 「そっか,おいらももっと勉強しなくっちゃな!」


勉強すると言う言葉を嬉しそうに言うyoung boyにshopkeeperも嬉しくなり饒舌になる.


shopkeeper 「ああ,でもな一番大事なのは『誠心誠意』だ」

Taylor 「セイシンセイイ?」

shopkeeper 「要はハートって事だな.商売ってのは金と物じゃない,人と人なんだ.
     信頼関係を築く事が大事ってことだ.youはちゃんとそれがわかってる.
     きっと,いい商売人になれるぜ♪」


young boyは少し照れて,それから誇らしげににっこりと笑った.
街のいろいろなお店を見て,市場へ行ってそれから自分の町に帰るとshopkeeperに話した.
すっかりyoung boyが気に入ったshopkeeperは大きな声で「がんばれよ!」と声援を送った.

店を出たyoung boyはbackpackを背負い直し,ひとつうなづくと元気な足取りで歩き出した.



END





Reminiscening


Performing:
RamseyHaydenCainDale
pict

◇Brass Bar


Street lightのともるHarmonica Town,
酒場「アルモニカ」から楽しそうな声が聞こえてくる.


Dale 「That was a nice wedding!」

Ramsey「そうじゃな」

Cain 「今頃ふたりは南の空の下かね.
     ……あれ,今日はKathyの姿が見えないな?」


おかわりを頼もうと思ったCainがあたりを見回して
MasterのHaydenに問いかける.
いつもwaitressとして走り回っているKathyは居なかった.


Hayden「今日は若いの同士で集まってるようだ.そもそも
      今日は店を開ける予定じゃなかったからシーラも休みだしな」

Dale 「そういえば無理を言って開けて貰ったんだったな,すまん」

Hayden「まぁ,たまにはこんなオヤジだけの酒場も悪くない」

Cain 「しかし結婚式があったせいか妙に感傷的になっちまうよなぁ.
     もう,俺たちの子供世代が結婚するような年になっちまったんだってな」

Ramsey「子供が大きくなるのは早いもんじゃ」

Cain 「ついこの前,天地参りに行ったような気がするんだけどな」

Dale 「天地参りか,なつかしいな」

Ramsey「なつかしいのぅ.あの頃はあんなに大きくなるとは思わなんだぞ」


みなそれぞれ昔を思い巡り空間を見つめた.
何か思い出したのかCainがプッと吹き出すと,一同何事かと注目する.


Cain 「確かLukeはえらい騒ぎだったよな!」

Dale 「ああ,大はしゃぎで町中かけまわって,しまいにゃ階段から転がり落ちて
     足くじいて写真撮る前にクリニック寄ったんだ.
     帰りは俺が背負って帰ったんだよな」


額を押さえ,大きなため息をつくDale.


Cain 「もう子供を背負ったりできねぇんだよなぁ」

Dale 「そうだな…」

RamseyReneeちゃんは軽いから出来るじゃろ.Owenは無理だが…」

Cain 「なに言ってんだよ,じーさん.年頃の娘におんぶしようかなんて言ったら怒られちまうぜ」

Ramsey「む,それもそうじゃな.…そうか,Chloeも大きくなったらもうおぶったりできないのか…」

Dale 「今のうちにいっぱいしとくといいぜ」

Cain 「Hahaha,その為にも足腰を鍛えておかないとな」

Ramsey「何を言う,わしはまだまだ達者じゃわい」


The men's loud laughter resounded through the bar.


Cain 「Master, Kathyちゃんは結婚まだなのかい?」

Hayden「ああ,相手はいるみたいだけどな」


Haydenはカチャカチャとtablewareをwashingながらゆっくりと話す.


Hayden「俺が一人になったら寂しいだろうとか,……まだ,恩返ししてないとかそんなことを言いやがる」

Cain 「恩なんて,もう産まれた時に返して貰ってるよなぁ」

Dale 「まったくだ」

Hayden「俺もそう答えた」


一人一人思いに耽るようにしばし黙り込んだ.
過ぎ去った日々は遠く,数多の思い出は色褪せる事がないとは言え少しずつ確実に薄くなっていく.
それは悲しくもあり,嬉しくもあることなのだと複雑な思いが胸を満たす.

グラスの氷が溶けてカランと高い音を響かせた.


Cain 「おい,しんみりしてきただろ.おかわりくれよ,Master!」

Dale 「俺にもくれ」

Ramsey「わしにも頼むぞ」

Hayden「ああ,同じのでいいか」


店のclosing hoursはとうに過ぎていたが,Brass Barの灯りはついたままだった.
それぞれのreminiscent talkは尽きることなく語り続けられた.



END





仲間

おれは大工のDale.町の牧場に大きな風車を作ろうと言う話が持ち上がったので
いま,Cainさんの牧場に来ている.


先週,「Harmonica Townのつどい」があって,
町をもっとゆたかにする方法はないだろうかという議題が上がった.
そこで,牧場主のCainさんが口を開いた.

Cain「風車というものを作るのはどうだろう.昔,西の土地で見たことがあるんだが
あれは粉をひくことができるらしいぞ」

みながCainさんの方を見て不思議そうな顔をすると,発明好きのパットが続けた.

パット「うむ,わしも本で見たことがある.たしかアレは,風の力で羽根車を回転させて,
動力を得ることができるんじゃ.設計図も見たことあるのう」
Toby「水の力を利用した水車…というのも,あるそうです」

ハーバル町長の顔がみるみる輝きだした.
ハーバル「なるほど!その風車で粉をひいて,その粉でパンや
コーヒーなどを作れば,この町もさらに発展するというわけなのだね!」

それぞれが顔を見合わせて,うんうんと頷きあった.

Gill「それでは父上,さっそく風車を作る計画をたてましょう
まずは風車のことをくわしく調べることにしましょう」

若者たちがすぐに役割分担を始めた.
最近,こいつらもずいぶん頼もしくなってきたもんだと思う.
少し前まで,そろって泣きべそをかいていたガキどもが….
いつから親の手をはなれるようになったのか….



そんなことを考えながらぼんやり牧場を眺めていると,遠くからLukeの呼ぶ声がした.
Luke「おーい!オヤジ,必要な資材を持ってきたぞ!
Owenたちが,まだまだ運んでくるけどなっ」

そうだ,風車作りはもう,始まっているのだ.

木材は牧場や農場の連中を中心に森で集め,
石材や鉄材は,鉱山地区の連中で鉱山に入って集めた.
他にも,風車のつばさに使う帆はShellyさんやCandaceちゃんたちが引き受けてくれたし,
それ以外の女性や年寄りたちは,おれたちのサポートをすると言ってはりきっていた.

最初はめんどうくさいと言っていたJuliusも,
今では夜おそくまでここでしごとを手伝っている.
最近はこの丘にも,風車作りをおうえんするかのようにやわらかい風が吹くようになった.

Yolanda「さあさぁ,今日もおつかれさま.たくさん食べてちょうだいね」
日が暮れてくると,宿屋の面々が夕飯を作って運んでくれる.
みな,青草に腰を下ろし,
ランプの下で汗でよごれた顔を合わせてサンドイッチをほうばる.
インヤさんやJin君らもすりキズの手当てをしに来てくれる.
たき火をかこんで,夜のホルン牧場には談笑する声がひびき,にぎわう.

おれは,みなから少しはなれたところで,ホットミルクの湯気の立ち上る先を見ていた.
おれが大工をする理由….何かを築いていくこの感触.
こうして町に,新しい風を呼ぶシンボルができていく.
若い者たちを中心に,時代は風と共に流れていくのだ.



さて,それからひと季節がすぎる頃,風車は完成した.
羽車を回すための止め具を外して,さあ!完成の祝杯だ!というところで,
牧場の娘,Reneeが叫んだ.

Renee「まって!たいへんだわ!」

みながなんだなんだと騒ぎ始め,おれもReneeの指す方向を見ると,
なんと羽根車の部分に子猫が登ってしまい,動けなくなっている.

これは大変だ,と猫を降ろそうとするが,怯えてしまいうまくいかない.
弱ったなあ・・・.風車も動かないが,子猫も助けてやらなければ.

すると突然,ビュウと突風が吹き,舞い上がった風は子猫をふわりと抱き上げるようにして
地面に降ろした.

みな唖然としてその不思議な現象に顔を見合わせた.
だがおれはすぐにピンと来た.
最近ここに良い風がめぐるようになった理由がわかった気がする.
森に住む気まぐれなWitchたちも,
いつからかこの風車作りに参加してくれていたのかもしれない.

風車は今度こそ完成した.
おれたちは力を合わせて,この町の歴史をひとつ築いたんだ.
この町のシンボルとなった大風車は,
丘を抜ける風をいっぱいに受けて力強く音を立てて回る.
ゆっくりと青空をあおぐように,羽根車を大きく広げて陽光を浴びるさまは
じつに生き生きとして壮観なものだった.



そして年月が過ぎ,Lukeに嫁さんができ,今度おれの孫が生まれることになった.
Lukeは,家族もこの町のみんなも幸せにすると言って大はりきりだ.
sonよ,大工であるお前には,町を築いていく力がある.
だがそれも,みなの協力があってこそだと忘れるな.だれも大切な仲間だ.

大風車は今日も音を立てて回る.子どもたちはその子守唄で育ち,
また時代をこえてこの町の未来をになってゆくのだろう.
Harmonica Townの新しい風となって.



END

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.